あなたの生まれ年から、九星と運勢を見ることが出来ます。

下記よりお生まれ年をお選びいただくと、あなたの九星と運勢が表示されます。

なお、1月1日〜節分頃までの生まれの方は、前年の九星も併せてご確認ください。

 
  1911年〜1930年 明治44年〜昭和5年   1931年〜1950年 昭和6年〜昭和25年   1951年〜1970年 昭和26年〜昭和45年  
 
 
 
 
 
1971年〜1990年 昭和46年〜平成2年   1991年〜2010年 平成3年〜平成22年   2011年〜 平成23年〜
   
   
   
 
 

令和3年生れの子供の性質と注意


 六白金星には、精神的な活動が旺盛で、創造力に富む人が多いと言われます。従って、企画、開発、発明等のほか、文学や芸術、宗教などで活躍する資質を持つ人が少なくないようです。特に丑年は正直で沈着、忍耐や頑張る気概を持ち、これが開運の因ともなります。ただしこの強さが頑固や我儘とならぬよう注意が必要です。十干の辛は新に通じ、進取の気象の強さを示します。これを長所として伸ばすには、言動が極端にならぬよう留意し、円い心を育てる事が必要です。納音の壁上土は壁上の土と大地との隔たりや融和の難しさを表します。これは六白の場合、芸術家特有の偏屈さや気位の高さが昂じて欠点となることも示唆しますので、謙虚さと協調性を身に付ける事が大切です。健康にも気を配り明るく健全な家庭で大切にお育てください。

暦に馴染みましょう


 

暦の読み方

初めて暦に触れる方向けに、暦の読み方を解説しています。

 

自分の九星・干支・納音を知る

暦でご自分の運勢を見る方法です

日々の吉凶判断方法

結婚式や転居、増改築などの「お日柄」を
判断する一般的な方法です

古法二十七宿の解説

古法二十七宿の解説が別ウィンドウで開きます

 

 

 

==毎日の進退の機を知る為に==

 古代、賢者達は、太陽、月、星座の運行を基準として、永遠に続く時の流れの上に、日、月、年などの区切りを設け、いわゆる「暦」と呼ばれる時間の秩序を完成させました。当時の支配者にとってこれは国のあらゆる営みの基本となる極めて重要なものであり、権力の象徴ともいえるものでした。やがて後世には一般にも普及し、人々の日々の生活にさらに密着して行きます。日本語の「暦(こよみ)」の語源は「日読み(かよみ)」だとも言われますが、人々はこの暦に拠って日を数え、月や年を知り、潮の干満を調べ、霜や台風に備えて農耕や漁に役立てました。

 明治初年創業の当館は、暦日が主体であったそれまでのものに易学の要素を加え、運勢暦として出版しました。これにより日々の心構えや進退の指針としても活用できるようになり、今日に至るも多くの読者の方々に親しまれております。

 

==おそれず、あなどらず活用を==

 人の運勢は吉や凶だけで表現できるものではありません。凶と言われた日に努力が意外に報われたり、吉日の取引がうまく行かなかったりという話もあり得ます。これがしばしば運勢学は迷信と片づけられる所以でしょう。吉凶というものは運命を決めつけるものではなく、運気の波の状態を表し、それに添った心の持ち方や進退の指針を示唆するものと考えられるでしょう。凶は自戒と努力で上手に回避できることもあるでしょうし、過信や怠惰で吉を壊すこともあり得ます。相性運が凶でも幸せな結婚生活は現実に多くあります。これなども相手の欠点を補い、長所を伸ばしあうための努力の賜であり、お互いを思い遣る優しい心のお陰で知らず識らずの間に成し遂げられたものでしょう。大切なことは、凶を恐れるあまり萎縮して暗くなったり、吉を奢って傲慢な態度にならないことです。このように日々の吉凶に一喜一憂するだけでなく、これを冷静に理解し、上手に活かすためにも、普段から暦に慣れ親しみ、日々の指針のための参考としてご活用ください。

方位吉凶図

令和3年方位吉凶図